ドローンジャーナル

SkyPixel、2017年度空撮写真のグランプリを発表

141ヶ国、44,000を超える応募から、カナダ・ヌナブトに生息するホッキョクグマの一瞬を捉えた作品がグランプリに決定

DJIが運営する世界最大規模の空撮写真・映像コミュニティーサイトSkyPixel(スカイピクセル)は、2018年2月2日(金)、2017年度の空撮写真コンテスト「The 2017 SkyPixel Photo Contest」の受賞作品を発表した。

グランプリには、44,000を超える応募の中から写真家Florian Ledoux氏の「Above The Polar Bear」が選出された。カナダのヌナブトで、ホッキョクグマが氷上をジャンプした瞬間を「PHANTOM 4 PRO」で撮影した写真だ。Ledoux氏には、グランプリ受賞者として「DJI INSPIRE 2」を含む約15,000ドル相当の賞品が授与された。

Ledoux氏は、自身の写真について「野生動物による素晴らしいシーンをこれまでも見てきましたが、こんなにも美しい瞬間を目撃できたのは初めてです。私たちの子ども、孫、そしてその先の世代も、私たちと同じように、美しく雄大な野生動物を見守り続けられることを、心から願っています。」と述べている。

この作品について、SkyPixelの審査員でオーストラリアを拠点として活躍しているクリエイティブディレクターのJarrad Seng氏は、「コンテストの応募作品には、高い技術力に驚くだけでなく、言葉では説明できない何かを感じさせてくれる作品もあります。グランプリ作品がまさにその例です。現在、私たちが直面している温暖化問題を踏まえると、この作品が心に強く響きました。」と述べている。

2017年10月から12月まで開催したSkyPixelには、「ランドスケープ」、「ポートレート」、「ストーリー」の3カテゴリーに141ヶ国から 44,000を超える応募が集まった。
入賞作品の審査は、TIME誌のマルチメディアエディターで国際写真センターの教授Josh Raab氏、数々の賞に輝く写真家でコンテンツクリエイターのPat Kay氏、国際的に活躍する風景・野生動物写真家のChris McLennan氏など、多数の著名な写真家、映像製作者、クリエイティブディレクターによって行われた。

グランプリに加えて、各カテゴリーからProfessional(プロ)とEnthusiast(アマチュア)からそれぞれ上位3作品が選出されている。また、SkyPixel上で最も「いいね」が多かった10作品を「人気賞」とするとともに、別の9作品が入賞作品として選ばれている。

DJIのマーケティング部門バイスプレジデント、Danny Zhengは「2017年度のコンテストは、世界で一番大規模な空撮写真コンテストになりました。SkyPixelは当初、クリエイティビティとユニークな視点を世界にシェアしたいという写真家のためのプラットフォームとして設立されました。今日、SkyPixelは、私たちがこれまで行けなかった場所から素晴らしい瞬間を撮影し、次の世代へと伝えることのできるグローバルプラットフォームに発展しました」と述べ、SkyPixelの成長を再確認している。

「The 2017 SkyPixel Photo Contest」の入賞作品

http://bit.ly/2DZaMm1