ドローンジャーナル

ソフトバンクとオプティム、火ノ川農場および帯広市清川エリアにて実証実験を開始

ドローンをはじめとするスマート農業ソリューションを活用

ソフトバンクとオプティムは、火ノ川農場および帯広市清川エリアで、ドローンをはじめとするスマート農業ソリューションを活用した実証実験を、2017年12月から開始したことを発表した。
ソフトバンクは既存のネットワーク・IoTプラットフォームを、オプティムは「OPTiMスマート農業ソリューション」の技術を提供し、実証実験を行っていく。

帯広市清川エリア(約580ha)では、固定翼ドローン「OPTiM Hawk」を活用した広範囲な空撮による地域全体の生育分析を実施している。これは、北海道帯広市内における大規模な秋まき小麦の栽培において活用される。

「OPTiM Hawk」を活用した広範囲空撮イメージ」
「Agri Field Manager」での生育管理イメージ

また、火ノ川農場では、圃場情報管理サービス「Agri Field Manager」を利用する。センサーから取得される外気温や湿度、照度、土壌温度や土壌水分、EC値(電気伝導率)、ドローンから取得される圃場の状態、農作業記録サービス「Agri Assistant」を用いて農業従事者が記録した情報などを取りまとめる。そして、統合された作物の生育管理に取り組み、その商用化を検討していく。
なお、この実証実験は、ソフトバンクが「第2回 SoftBank Innovation Program」で選考した、「ドローン×AI×農業」をテーマにした案件。帯広市川西農業協同組合や 株式会社十勝毎日新聞社、清川地区麦生産組合、帯広市農政部農政課などの団体が今回の実証実験に協力している。