ドローンジャーナル

テラドローン ドローンアプリ「TERRA DRONE INSPECTION」の開発を開始

2018年度内 実用化予定

テラドローン株式会社は、ドローン専用点検アプリ「TERRA DRONE INSPECTION」の開発に着手致した。

「TERRA DRONE INSPECTION」の特長は、DJI 社製品の Mavic や Spark などの小型ドローンでも使用が可能であること。そして、ドローンで撮影した建物の状態を3次元化できることがあげられる。建造物に沿ってドローンが飛行して撮影したデータは、クラウドへ保存し、3次元データを生成する。建造物全体の破損や劣化箇所をより詳細に、そして自身ですばやく確認することが可能になる。 2018 年度内の実用化に向け、開発を進めていく。

開発背景には、ドローンを活用したインフラ点検が進む中、より手軽に安全に家屋やビルなどの外壁や屋根の点検を自身で行いたいという声がある。従来、ビルや橋梁などの建造物の点検に は人が目視で行っており、人件費がかかる。他にも、大掛かりな点検用の設備の設置や、危険な場所での安全確保など、多くの課題があった。
しかし、ドローンを活用することにより、人件費が大幅に削減され、高所の点検する際の安全面の確保などが期待される。課題解決に大きく貢献していくだろう。