ドローンジャーナル

世界初、AI・IoT・ドローンを活用した ピンポイント農薬散布テクノロジーによる 大豆の栽培に成功

農薬使用量 1/10 以下、残留農薬不検出、収量品質同等を実現

株式会社オプティムは、スマート農業の取り組みの中で、大豆の生育において病害虫が検知された箇所にのみ農薬を散布するピンポイント農薬散布栽培実証実験を行った。大豆の生育管理にピンポイント農薬散布栽培を活用したのは世界で始めての試みだ。

実験には、農業生産法人 株式会社イケマコが管理する 88 エーカーの大豆畑を活用。畑を2 分割し、一方は通常の育て方を実施、もう一方は「OPTiM スマート農業ソリューション」を活用し、ドローンを用いたピンポイント農薬散布栽培を実施。残留農薬量、収量、品質、労力・農薬コスト削減効果を調査した。

株式会社ブルームの調査の結果、ピンポイント農薬散栽培をした大豆の残留農薬が不検出であることがわかった。これは、ピンポイント農薬散栽培をすることで通常栽培で使用する農薬の量を 1/10 以下に削減したこと、そして農家の生産コストを抑えられた栽培が成功したことを意味する。なお、本取り組みに関連する特許を現在出願している。

このたびピンポイント農薬散布栽培にて栽培された大豆はスマートやさいの「スマートえだまめ」と命名された。
福岡県福岡市にある百貨店の福岡三越にて通常大豆(えだまめ)の約 3 倍の価格で販売し、好評のうち完売した。
オプティムは、「今後はピンポイント農薬散布栽培に賛同できる農家様を幅広く募集していき、安心安全な農作物を皆様に届けられるよう推進してまいります」と述べている。