ドローンジャーナル

DJIとintelの技術を基に開発された小型ドローン「Tello」 を発表。Ryze Technolgy社が開発、価格12800円

 中国のドローンスタートアップ企業であるRyze Technolgyは、約80gの小型ドロー「Tello」を発表。米国ラスベガスで開催されている「CES 2018」に合わせて発表された。このドローンは、DJIやIntelの技術が搭載されていることで注目を集めている。DJIストアで、12,800円(税込)で仮予約を開始している。Scratchによる飛行も可能となっており、子供がプログラミングの基礎を学ぶために活用することも可能だという。

出所:DJIストアより

 「Tello」は電子ブレ補正機能などの機能が搭載されていることで、ハイクオリティな写真・動画を実現している。また、安定した映像伝達と13分の長時間フライトを可能にする。80gという軽さだが、搭載するソフトウエアやハードウエアを守り抜く耐久性のあるボディを持ち合わせている。スペックは以下の通り。

スペック

重量: 約80 g (プロペラやバッテリー含む)
寸法: 98mm*92.5mm*41mm
プロペラ: 3インチ
機能: レンジファインダー、バロメーター、LED、ビジョンシステム、Wi-Fi 802.11n 2.4G、720Pライブビュー
ポート: マイクロ USB 充電ポート
最大飛行距離: 100m
最高速度: 8m/s
最大飛行時間: 13分
写真: 5MP (2,592×1,936)
FOV: 82.6°
ビデオ: HD720P30
フォーマット: JPG(写真); MP4(ビデオ)