ドローンジャーナル

DRONE IP LAB、ドローン機体の研究・開発を行う 株式会社エアロネクストと資本提携

株式会社DRONE IP LAB(代表取締役 : 中畑 稔 以下、DIPL) は、事業強化を目的としてエアロネクストと資本提携をおこない、グループ化したと発表。

エアロネクストは、UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームに関する研究開発、啓蒙、販売促進をおこなうドローン・アーキテクチャ研究所であり、今回のDIPLとの資本提携および、グループ化により、ドローン機体の研究・開発と試作、知財創出をサイクル化し、実体に裏付けされた戦略的な特許出願を可能にしていくとう。

グループ化に伴い、DIPL取締役副社長・田路圭輔がエアロネクストの代表取締役に就任し、DIPL代表取締役・中畑稔は社外取締役に就任する。

DIPLについて

DIPL は「国産ドローン産業の育成と発展を知的財産から支援する」ことを理念に創設された、千葉道場ドローンファンド直轄の戦略的会社。知的財産の分野で実績のある専門家を中心に組織され、ドローン関連の知財プラットフォームおよび、メディア・マーケティングプラットフォームを企画・運営している。

エアロネクストについて (URL: https://aeronext.blue/)

エアロネクストは、UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームのあるべき姿を実現する、ドローン・アーキテクチャ研究所。エアロネクストが実現を目指すドローン・アーキテクチャの中心テーマは「姿勢制御」で、重心制御技術(4D GRAVITY)に強みを持つ機体開発をおこなっている。