ドローンジャーナル

KDDI、KDDI総合研究所 「ドローン基地局」の実証実験に成功

国内初、「空飛ぶ基地局」単独で携帯電話サービスや避難者の位置確認を可能に

KDDIとKDDI総合研究所は、災害時に携帯電話サービスが利用できなくなったエリアの一時的な復旧を目的として、小型の携帯電話基地局を搭載した「無人航空機型基地局 (ドローン基地局)」を開発していた。2017年12月14日、鹿児島県熊毛郡屋久島町において、携帯電話基地局システムを搭載した「ドローン基地局」の実証実験に成功したことを発表した。国内通信事業者では初の成功事例となるという。

ドローン基地局は、小型・軽量化した携帯電話基地局システムを搭載している。これにより、災害時に陸上や海上からの携帯電話サービスの提供が困難な状況においても、上空から対象エリア内における一時的な携帯電話サービスの提供を受けることが可能となった。
さらに、地上に設置する携帯電話基地局システムと連携できない状況においても、本システムの端末の移動管理機能により、携帯電話から発信される電波を補足することで対象エリア内の在圏状況が確認できる。災害時の救助要請や捜索活動にも効果が期待できる。
携帯電話基地局とは、地上に設置された携帯電話基地局と同様、無線設備・モバイルコア設備・位置情報把握設備を具備しており、独立して通信サービスを提供できるシステムのこと。他の基地局や車載型基地局等の電波を増幅することはない。

なお、本事業の実証実験は、総務省より技術試験事務「移動型の携帯電話用災害対策無線通信システムに関する調査検討」を受けて2017年7月から開始したものだ。災害時に人や車両が近づけない場所に対し、ヘリやドローンに搭載して、携帯電話の通信エリアを確保するための「新システム」の実現方法や技術基準に関する調査検討を行っていた。

今後は、上空における携帯電話基地局の実用化に向けて、各地で実験試験局の免許を取得し、災害発生を想定した実証実験を実施していく。