ドローンジャーナル

NEDOとスカパーJSAT、地上通信が困難な環境下でもドローンの目視外飛行を目指す実証実験

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とスカパーJSATは、11月27日~12月1日の5日間、福島県福島市のふくしまスカイパークにおいて、高高度無人航空機の飛行・通信実験を実施した。

実施した飛行・通信実験の概念図

高高度無人航空機とは、パイロットが搭乗せずに無人で高度20,000m程度を飛行可能な航空機のこと。

今回の実験では、地上通信が困難な環境下でもドローンの目視外飛行を可能とする運航管理システムの構築を目指し、通信衛星と目視外ドローンをつなぐ中継基地として高高度無人航空機を導入することを想定して、下記の2種類の実験を行った。

(1)高高度環境下における発電量計算のためのデータ取得
高高度無人飛行機は、搭載されたソーラーパネルとバッテリーで必要電力を賄う。山岳救助探索や広域災害時の情報収集を利用シーンと想定して、高高度環境下における発電量計算のためのデータを取得した。

(2)高高度無人航空機と地上移動局間の無線機器同士の通信品質データ取得
高高度無人航空機を高度280メートル程度の低空で飛行させ、地上に設置した解析用通信装置(移動局)との間の伝搬特性を把握し、目視外ドローンとの通信品質確保の基礎データを取得した。

これらの実験の結果、目視外エリアでもドローンの通信環境を構築できる可能性を確認できたという。

実験に利用した高高度無人飛行機(ソーラー飛行機)とドローン
飛行の様子

NEDOとスカパーJSATは、本実験で得られた知見を、新規開発する高高度無人航空機の設計、無人航空機搭載用無線機器の設計に反映し、災害現場や地上通信網が未整備な地帯でもドローンの目視外飛行を可能とする運航管理システムの実現を目指す。

システムの完成イメージ(全体)

今回の実験は、NEDOと福島県が締結した「福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証等に関する協力協定」の取り組みの一環として、福島浜通りロボット実証区域を活用して実施された。