ドローンジャーナル

テラドローン、土地家屋調査で画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」の導入開始

 テラドローンは、土地家屋調査士向け(以下、調査士)に、ドローン測量に特化した画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」の導入を開始した。

 整備されていない現場も多い土地家屋調査の測量において、ドローン測量の導入事例は急速に増加傾向にあり、SfM(複数の写真から3次元化)機能搭載の画像処理・解析ソフトウェアの導入事例も増えている。

 Terra Mapperは、ドローンで空撮した画像の三次元化から自動不要物の除去、土量計算、断面図生成、等高線生成や三次元図面の取込等の簡易的な解析が可能なソフトウェア。測量に特化し、また日本語表記で日本人のニーズに合わせた機能などを搭載しているため、ドローン測量初心者が利用できる。

Terra Mapper Desktopで生成したオルソ画像
Terra Mapper Cloudの重ね図機能のイメージ例

 土地家屋調査における利用用途としては、点群生成機能によって生成したオルソ画像を、立ち入りの際の説明資料として利用したり、法務局へ提出する報告書への添付資料としても利用できる。

 また、Terra Mapper Cloud版の公図との重ね図機能を用いて、現場境界線の事前把握や立ち入りの際のわかりやすい説明手段としても活用が可能だ。