ドローンジャーナル

JUIDA、箱根と大宮にドローン試験飛行場を開設

 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は2017年11月22日、ドローン試験飛行場を静岡県田方郡と埼玉県さいたま市に開設したと発表した。すでに開設している茨城県つくば市と、京都府相楽郡の施設と合わせて、JUIDAが運営する試験飛行場は合計4カ所となる。

 静岡県に開設する試験飛行場の名称は「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」。所在地は静岡県田方郡函南町桑原笛場(たがたぐんかんなみちょうくわはらふえば)。2件のホテルに会議室、体育館、多目的広場などを備える「富士箱根ランド」の敷地内に開設した。東海道新幹線「箱根」駅からバスで45分ほどの位置だ。試験飛行場の面積はおよそ5400平方メートル。ホテルが隣接しているので、泊りがけの試験飛行に向く。また大小21室の会議室も利用でき、研究会や会議も開催できる。

図1:JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場の見取り図

 さいたま市に開設するのは「JUIDA・大宮試験飛行場」。所在地は埼玉県さいたま市西区二ツ宮(ふたつみや)。荒川沿いの河川敷に広がる「東京健保組合大宮運動場(大宮けんぽグラウンド)」の2区画を占めている。敷地面積は1区画目が2100平方メートルで、2区画目が3400平方メートル(図2)。それぞれの区画はメタセコイアの高い街路樹で区切ってあり、地面には芝生が敷いてある。

図2:JUIDA・大宮試験飛行場の見取り図、左が1区画目で右が2区画目

 JUIDA・大宮試験飛行場の最寄り駅はJR「大宮」駅。ここからバスでおよそ20分で到着する。また自動車で10分ほどの場所に、首都高速埼玉大宮線の「与野」出入り口があり、都心からドローンを持ち込んで試験飛行するには便利な立地となっている。

 営業時間はどちらも午前が9時~12時、午後が13時~16時。富士箱根ランド試験飛行場は基本的に年中無休だが、大宮試験飛行場は火曜日、土曜日、日曜日、祝日が定休日となる。利用料金はJUIDA会員が1枠(午前、午後のどちらか一方で1枠)当たり3万円(税別:以下同様)。一般利用者は1枠4万円。教育機関に在籍する学生あるいは教職員は「アカデミック価格」で利用できる。アカデミック価格はJUIDA会員が1枠当たり1万5000円で、一般利用者が2万円。