ドローンジャーナル

フリアーシステムズ 商業用ドローン向けデュアルセンサーカメラFLIR Duo Pro Rを発表

高解像度の放射測定赤外線サーモグラフィおよび可視光両対応カメラ

米国オレゴン州ウィルソンヴィルにて、2017年9月5日、フリアーシステムズが商業用ドローン向けのデュアルセンサーを搭載したサーマルイメージングおよびマッピングシステムFLIR Duo Pro Rを発表した。

フリアーシステムズ 商業用ドローン向けデュアルセンサーカメラFLIR Duo Pro Rを発表 FLIR Duo Pro R
FLIR Duo Pro R

放射測定赤外線サーモグラフィセンサーが特徴のFLIR Duo Pro Rは、レンジに優れ、画像細部まで鮮明に映し出すことが可能だ。そのため、商業用ドローンによる1回のフライトでも、充分な赤外線および可視光データを確保・活用することができる。

また、FLIR Duo Pro Rに搭載されているデュアルセンサーがあれば、フライト中のマッピングが可能だ。完全統合型のGPSレシーバー、慣性計測装置(IMU)、温度・湿度・高度センサーが、忠実度と信頼性の高いジオタギング・データを独自に生成する。そのため、空中のプラットフォームから正確なマップおよび3Dモデルを作ることができる。

FLIR Duo Pro Rの登場は高性能なドローンの応用の幅を広げる。ドローンの撮像能力における新たな時代の幕開けだ。

フリアーシステムズ 商業用ドローン向けデュアルセンサーカメラFLIR Duo Pro Rを発表 (左)FLIR Duo Pro R 25mm on Gremsy Gimbal(右)FLIR Duo Pro R on DJI S1000 Drone
フリアーシステムズ 商業用ドローン向けデュアルセンサーカメラFLIR Duo Pro Rを発表
(左)FLIR Duo Pro R 25mm on Gremsy Gimbal(右)FLIR Duo Pro R on DJI S1000 Drone

【FLIR Duo Pro R製品の特長】

・フライト中にサーモグラフィカメラとビデオカメラを切り替え可能
・サーモグラフィカメラ解像度:336×256または640×512
・ビデオカメラ:高精細4K
・3つのモードを使用可能:サーモグラフィ、可視、ピクチャ・イン・ピクチャモード
・フリアーシステムズの特許技術であるスーパーファインコントラスト(MSX®)」を搭載
 スーパーファインコントラスト(MSX®):可視画像(デジタル画像)の線や輪郭などを鮮明にし、熱画像の画質を向上させる技術