ドローンジャーナル

楽天とローソン、福島県南相馬市でドローン配送と移動販売を組み合わせた商品配送で協業

10月31日よりローソン南相馬小高店で試験運用を開始。

左から)楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷氏、福島県南相馬市 市長 桜井氏、株式会社ローソン代表取締役社長 竹増氏

楽天株式会社と株式会社ローソンは、2017年10月6日、福島県南相馬市において専用車両による移動販売とドローンによる商品配送を連携させた試験的な取り組みを開始すると発表した。ドローン配送とコンビニエンスストアの移動販売を連携させた取り組みは、日本国内では初めての事例になるという。

ローソン移動販売と楽天ドローンの連携図
ドローンの飛行ルートは、主に河川の上に設定。

ローソン南相馬小高店は、避難指示区域の指定解除以降に小高区内で最初に営業を再開したコンビニエンスストア。今回の協業では、同店舗を拠点に小高区内で週2回の移動販売を開始し、そのうち週1回木曜日限定で、移動販売車両では積み込めない温度帯である「からあげクン」をはじめとしたフライドフーズなどの注文を受けた際に「楽天ドローン」の専用機で店舗から移動販売先へ配送する。なお、注文は、移動販売車両が「小谷集落センター」に停車している1時間の間に受け付ける。ドローンの運用は、楽天の担当者が離着陸時に対応。別途、配送料金は発生しない。ペイロードは2kgまで可能。降水、風速や気温などの気象状況により、運行できない場合もあるという。
今後、半年間の試験運用を経て検証を行い、その後の展開を検討するという。

商品配送に利用する、「楽天ドローン」の専用機「天空」

福島県南相馬市市長の桜井氏は「買い物弱者が増えていくなか、コミュニティーの再生にもつながる」と述べた。