ドローンジャーナル

プリンスホテル 、自律走行型デリバリーロボットを10月2日(月)より運用開始

「Relay」イメージ

株式会社プリンスホテルは、運営する品川プリンスホテルNタワーにて、客室に荷物を届けるデリバリーロボット「Relay(リレイ)」の導入開始日を2017年10月2日(月)にすることに決定した。

「Relay(リレイ)」は、シリコンバレーに拠点を置くロボットベンチャー Savioke(サビオーク), Inc.が開発・製造した自律走行型デリバリーロボット。 障害物を回避しながら自動走行し、 エレベーターにも自動搭乗し客室のドア前まで到達することが可能である。 導入台数は1台。まずは客室アメニティデリバリーからスタートさせ運用ノウハウの蓄積を図る。

これまでもビジネスユーザーのための独自のサービスを展開してきた品川プリンスホテルであるが、「Relay(リレイ)」の導入により、更なるホテル内デリバリーの利便性向上や運用の効率化を目指す。

「Relay」イメージ

サービスの流れ

1.客室から電話でオーダー
2.スタッフがロビーで「Relay」に荷物をセット
3.ロビーを出発・エレベーターも自動搭乗
4.障害物や人を回避しながら移動
5.電話で到着をお知らせ・ユーザー(客)が荷物を取り出す
6.ロビーに戻り自動充電

株式会社プリンスホテルは、 今回の「Relay(リレイ)」導入をはじめとし、最先端のICT・AIを活用したさまざまな取り組みに着手している。昨年開業したザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町では全客室にタブレット設置した「ルームマネジメントシステム」を開始した。 さらに、2019年度にはICT・AIを活用した新ブランド「Prince Smart Inn(プリンス スマート イン)」を開始する予定だ。