FINANCE Watch
NTT東西、ADSLサービスを26日から~接続方式により2タイプ

  NTT東日本と西日本は12日、ADSL(非対称デジタル加入者線)によるインターネット常時接続サービスを12月26日から始めると正式に発表した。同日、サービス料金を郵政省に届け出た。サービスは、昨年12月から試験実施してきた「ADSL接続サービス」の本格展開と、新たに始める「フレッツ・ADSL」の2本立てとなる。

  「接続サービス」(下図参照)ではISP(インターネット・サービス・プロバイダー)のネットワークとの接続をNTT局(設備収容ビル)で行う。一方、「フレッツ」はISPとの接続をNTT東西がもつ地域IP網を通じて行うという違いがある。月額利用料(通信料込み)は、回線を加入電話と共用する場合で「接続サービス」が4,000円、「フレッツ」は4,800円。共用せずにパソコン専用とする場合は、それぞれ5,600円と6,400円となる。この他に共用の場合は加入電話の基本料金(東京都区部で1,750円)が、またいずれの場合もISP料金が必要となる。両社はさらに、DSL専業者などが自らDSL装置を設置する場合、NTT側に支払う接続料についても月額500~2,300円とすることを決めた。

  また、初期工事費は東西NTTがADSL装置を設置する場合で、1万4,000円から1万9,300円などとなっている。

  通信速度は、いずれもネットからパソコンに至る「下り」で最大1.5Mbps、「上り」で同512Kbpsとなる。「接続サービス」は26日から実施、「フレッツ」は同日から申込みを受け付け、首都圏や大阪市内から順次サービス開始する。また、いずれのサービスもISDNと加入者回線は共用できないようになっている。

  NTTグループのDSLの本格事業展開で、専業者やISPとの顧客獲得競争が激化する見込みだ。しかし、これにより米国や韓国に大きく遅れを取っているDSLの普及が、国内でもようやく加速することになりそうだ。

■URL
・ニュースリリース
http://www.ntt-west.co.jp/news/0012/001212.html

(沖野宗一)
2000/12/12 17:11