ドローンジャーナル

PRODRONEが、防災・防犯・調査などに適した夜間撮影用ドローン「PD8-AW-HS」を発表

高感度カメラ搭載で暗闇でも鮮明な撮影が可能に

PRODRONE(プロドローン)は、2017年9月7日、夜間撮影用ドローン「PD8-AW-HS」を発表した。

PD8-AW-HS製品写真

PD8-AW-HSは、キヤノン製の高感度カメラを搭載したドローンだ。月明かり程度の暗闇でも、鮮明な映像・カラー画像をオペレーターに送信することができる。同社の開発したオートパイロットシステムを搭載しており、通常のドローンでは困難だったような、視認性が悪い夜間の救助捜索や警備、薄暗い場所での点検作業などを可能にする。

PD8-AW-HSのプロモーション動画

PD8-AW-HSの機体重量は、レコーダーやカメラ、レンズなどを含めて17.84kg、最大速度は時速80km、飛行時間は20分、雨天飛行も可能となっている。

同機は、現地時間2017年9月6日~9月8日まで、米・ラスベガスで開催される産業用ドローン展「InterDrone 2017」にて展示されている。価格や製品概要などは後日改めて発表されるという。