ドローンジャーナル

コマツとオリックス・レンテックが測量会社向けの3次元測量業務支援サービスを提供

コマツ(小松製作所)とオリックス・レンテックは8月25日、ドローン事業で提携し、測量会社向けに「3次元測量業務支援サービス」を提供すると発表した。提供開始は10月を予定している。

本サービスは、ドローンなどの測量機器のレンタルサービスと、取得した計測データの利活用に必要なソフトウェア機能一式を提供するパッケージサービス。これにより、測量会社のドローン導入に伴うイニシャルコスト軽減や、時間・労力・システム投資の負担軽減、ソフトウェアの陳腐化リスク低減を図り、3次元測量業務を支援する。

オリックス・レンテックは、計測に必要なドローンやGNSSローバー(全地球衛星測位システムを搭載した受信機)などの測量機器をコマツに提供する。コマツは、3次元測量業務支援アプリ「UNISURVEY(ユニサーベイ)」と測量機器をセットにしてユーザーに提供する。

また、UNISURVEYは、コマツ、NTTドコモ、SAPジャパン、オプティムの4社が共同で企画・運用する建設事業者向け新プラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」上で提供される第一号アプリケーションとなる予定だ。LANDLOGは、建築生産プロセス全体において、データの収集と一元管理を行うオープンプラットフォームとなる。

両社は今後も、ドローンの測量への利活用を促進し、安全で生産性の高い建設現場の実現に貢献したいとしている。

3次元測量業務支援サービスとLANDLOGを通じた事業モデル全体像のイメージ