ドローンジャーナル

スカイロボット、ドローンで生育調査と収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットは、ドローンで生育調査および収穫を支援したブルーベリー「ドローンベリー」を、浅草農園を通じて、東京・日本橋の三越百貨店にて期間限定で販売したと発表した。

販売期間は8月2日~7日の6日間。出店ブースは盛況となり、ドローンベリーは完売したという。ドローンが育成支援を行ったブルーベリーの販売はドローン業界初となる。

ドローンベリーの販売パッケージ(イメージ)
諏訪郡富士見町(長野県)のドローンベリー農園

スカイロボットは、今回の反響を受け、来年は今回の販売量の3倍の収穫・販売を目指すほか、ドローンベリーを使用したジャム「ドローンベリージャム」も製造・販売する予定だとしている。

スカイロボットは、産業用ドローンの開発・販売会社。産業用太陽光発電、家屋調査、非破壊検査、探索、人命救助など様々な分野において活用できるソリューションを開発・提供している。同社は、これからもユニークで世の中に役立つソリューションの開発を推進していくとしている。