ドローンジャーナル

三井不動産、Dronomyと共同でドローンの実証実験を実施――建設現場の3Dデータ作成で業務効率化を目指す

 三井不動産は7月24日、CVC出資先のベンチャー企業Dronomy Ltd.(ドロノミー)と共同で、ドローンの実証実験を実施したと発表した。

 今回の実証実験は、2017年7月に、三井不動産が参画する再開発事業地区である東京都中央区日本橋室町3丁目の建設現場で実施した。施工会社の鹿島建設ほかジョイントベンチャーの協力のもと、Dronomyが独自開発したドローンの自律飛行技術を使用し、工事現場の空撮および施工中の建物の3Dモデル作成を行ったという。

日本橋エリア上空から測量するドローン

 計測・取得した各データはクラウド上で管理され、今後は工事の進捗管理、計測、関係者間の情報共有ツールとして活用を検討し、各業務の効率化、人件費削減、安全管理の向上等の実現可能性を探っていくとしている。

撮影した写真データをつなぎ3Dデータを作成

 Dronomyはイスラエル軍のドローン研究者や測量部隊の司令官などを務めたトップエンジニアが2015年に立ち上げたベンチャー企業(本社:イスラエル)。Dronomyがソフトウェアを提供したドローンは、操縦を必要としない完全自律飛行が可能であり、かつ高精度の機体制御を備えている。建物の壁面に沿った飛行が可能で、誤差1cm程度までの精度で3Dデータの作成が可能だという。飛行ルートの設定、撮影、3Dモデルの作成までをワンストップで対応するソフトウェアも備えている。

 三井不動産 ベンチャー共創事業部長の菅原晶氏は、「今後も新規ビジネス創出や本業強化に向け、今回のようなベンチャー企業と大企業の共創に積極的に取り組んでいく構えだ」と語った。