ドローンジャーナル

DronestagramとNational Geographic、空撮写真コンテストの入選作品発表!

「ドローンならでは」の作品は必見!

フランスのドローン写真コミュニティサイト「Dronestagram」は2017年7月4日、ドローンによる空撮写真のコンテスト「2017 International Drone Photography Contest」の優秀作品を発表した。Dronestagramはフランスの起業家であるEric Dupin氏が2013年に開設したコミュニティサイト。アカウントを取得すればドローンで撮影した写真や動画を投稿できる。ドローンで撮影した写真に向けた「Instagram」のようなサイトだ。

 このコンテストは、National Geographicの支援を得て実施している。2014年から開催しており、今回で4年連続の開催になるそうだ。「Nature(自然)」「People(人々)」「Urban(都市)」の3分野で作品を募集し、合計で数千枚の作品が集まったという。

Nature部門

Nature部門の最優秀作品。規則的に縦に並んでいるところは人間が栽培したものと思わせるが、横方向に不規則な切れ目が無数に入っているところは、ラベンダーが自然に生きる植物であるように感じさせる
Nature部門の次点となった作品。森林に生い茂る樹木1本1本をはっきりと写し出している。1枚1枚の葉までも見えそうなほどだ。低いところで撮影できるドローンだからこそ撮影できる作品と言えるだろう
Nature部門の3位には、着氷しつつあるグリーンランドの海を上空から写した作品が入った。2017年2月。冬の寒さが厳しい季節に撮影したものだ

People部門

People部門の最優秀作品。テニスコートの隅で横になっている人を写したものだが、ちょっと見方を変えれば人が建物から落ちる瞬間を捉えた写真にも見える
People部門の次点はこの作品。睡蓮の葉だけでなく、ところどころに咲いている花の花びら1枚1枚まではっきりと見える。かなり低いところから撮影したものと考えられる
People部門の3位は、スペインの祭り「La Vijanera」に参加する人々を写した作品となった。この祭りは新年最初の日曜日に毎年開くものだという。

Urban部門

Urban部門の最優秀作品。道路を走る無数の自動車や、海岸に並ぶ多数のボート、そして何より見る者に向かって飛び出してくるような高層ビル群が、ドバイという町が勢い良く発展していることを感じさせる
Urban部門の次点。超高層ビルの真横から近距離で、3人の作業員を撮影している。ドローンを使わなければこんな写真は撮れないだろう。そしてビルの窓の反射像から、モスクワという街の大きさも伝わる
Urban部門の3位は、マドリード市街にあるアルムデナ墓地を上空から撮影した写真。1つ1つ規則正しく墓が並ぶ様子に圧倒される

 2017 International Drone Photography Contestでは、世界中から作品を募集し、数千もの写真が集まったという。日本にも美しい場所は数え切れないほどある。日本のドローンユーザーの皆さん、来年のInternational Drone Photography Contestのために、ドローンをどんどん飛ばしてさまざまな風景を撮り貯めてみてはいかがだろうか?