ドローンジャーナル

ヤマハ発動機、やまびこが農業用ドローンの開発と商用化に関する業務提携で合意

 ヤマハ発動機株式会社と株式会社やまびこは、マルチローター型農薬散布ドローンの共同開発と商用化に関する業務提携に合意したと発表した。

 農薬散布用無人ヘリを製造・販売するヤマハと小型農業機械の総合メーカーであるやまびこが、お互いのノウハウを生かし、液剤や粒剤など幅広い形態の農薬散布作業に対応可能なマルチローター型農薬散布ドローンの共同開発を行い、2018年の発売を予定しているという。

 ヤマハが持つ製品開発・品質保証力、販売・サービスネットワークと、やまびこの持つ防除技術・全国に展開する農機販売網を相互に活用することで近年需要が拡大する農業用ドローン市場での販売拡大を目指す。

 ヤマハは1989年に農薬散布用無人ヘリを発売し、現在は国内における防除散布面積が、主食用米水田の42.5%(2016年実績、ヤマハ調べ)に及ぶ。また農業用途での活躍の場は、韓国をはじめ米国・豪州・ニュージーランド・タイなどグローバルに拡大している。農業用途以外では、長距離自動航行が可能なマルチソリューション向けの産業用無人ヘリが、植生調査・計測業務・防災・災害支援など幅広い産業分野で官公庁、一般企業等に向け高度なサービスを提供している。

 一方、やまびこは前身となる共立農機で1948年に水田防除用農薬散布機を発売して以来、効率的な農薬散布を実現するための防除技術を長年にわたって蓄積しており、水田をはじめ畑作地、果樹園など様々な場面で活躍する農業用防除機械を開発している。小型防除機から乗用型大型防除機まで食料の安定供給継続に不可欠な製品・サービスを提供している。