ドローンジャーナル

ビーコンの電波をドローンが検知して位置をLoRaで送信、OFF Line株式会社が南相馬市の運航デモで実演

 OFF Line株式会社は2017年3月29日、複数の事業者が参加したドローン運行管理デモンストレーションで、同社が開発した「ドローンみまもり」サービスを実演し、成功したと発表した。このイベントは一般財団法人 総合研究奨励会日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)が主催したもので、9つの企業と2つの研究機関が参加し、2017年3月16日に実施したもの。複数のドローンが、運行管理システムの管理によって互いに邪魔することなく安全に航行できることを示すデモ飛行に成功している。

 OFF Lineがデモンストレーションで実演した「ドローンみまもり」サービスとは、ビーコンからの電波をドローンが検知し、その位置をLoRaで地上の基地に知らせるというもの。ビーコンは最長で900m離れたところまで電波を飛ばせるという。

図 デモンストレーションに使用したドローン機体とLoRa受信機

##キャプション

 OFF Lineは今回の成功により、携帯電話の電波が届かないようなところでも、ビーコンとLoRaをりようする「ドローンみまもり」が役に立つことを実証できたとしている。「ドローンみまもり」サービスでは、徘徊老人や子ども、登山者など、行方を常に津南でおかなければならない人にビーコンを持ってもらうことを想定している。ビーコンを持つ人が行方不明になっても、発する電波をつかむことで、行方を確認することが可能だ。