ドローンジャーナル

生活上の「困った!」を解決するサービスにドローンを活用、テラドローンなど3社が開発を開始

アクトコール、ネオラボ、テラドローンの3社は2017年2月21日、アクトコールが提供している緊急かけつけサービスにドローンを活用することを目指して、開発作業を始めた。2020年のサービス実用化を目指し、開発と検証実験に取り組む。

 アクトコールがサービス提供を担当し、テラドローンはドローンの機体や管制システムなどのソフトウェア開発と、ドローンを活用したサービス提供を担当する。ネオラボはソフトウェア開発や保守を担当するほか、エンジニアの派遣や企画の支援という形でも協力する。

アクトコール、テラドローン、ネオラボのそれぞれの担当

 アクトコールが提供しているサービスは、水まわり、鍵、ガス、電気設備などのトラブルに対応するもので、電話で解決しない場合は提携している修理、修繕業者が現場にかけつけるというもの。24時間365日対応をうたっている。

 このサービスは日本全国に対応しているが、山岳地や離島など一部エリアでは対応できる協力業者が少なく、十分なサービスを提供できていないという。今回開発を始めたサービスでは、ドローンを活用して、サービスエリア拡大とサービス内容の充実を目指す。