ドローンジャーナル

テラドローンが英QuestUAV社と提携。測量サービスに固定翼ドローンを投入、機体の販売も

 テラドローンは2017年2月1日、イギリスの固定翼ドローンメーカーQuestUAV社と提携を結んだと発表した。テラドローンは現在提供している土木測量サービスにQuestUAV社の固定翼ドローンを投入する方針。さらに、機体の共同開発や、QuestUAV社の機体の日本における販売も始める。

 テラドローンによると、競合他社の機体と比べるとQuestUAV社の機体には特徴が3つあるという。1つ目は積載量(ペイロード)が大きいため、高解像度カメラを搭載できるようになるため、土木測量サービスではより高精度な測量が可能になるとしている。

QuestUAV社の固定翼ドローン「DATA hawk」※今回の測量サービスには別機体を利用予定。

 2つ目は飛行時も機体が安定しており、風の影響を受けにくいこと。3つ目は着陸時に利用するパラシュートを搭載していることだ。

 テラドローンはQuestUAV社の固定翼ドローンを利用した測量サービスを、ダムやメガソーラーなどの大規模な施設開発に活用していく方針だ。