ドローンジャーナル

テラドローン、海外進出第一弾はオーストラリア

豪から各サービスを他国へ横展開

 テラドローン株式会社は、2017年1月25日、海外進出第一弾としてオーストラリアでの子会社設立を発表した。
 オーストラリアでは、日本での実績がある土木測量事業に加え、オイルガス、マイニング、鉄道の点検事業などドローンを用いた各事業を行う予定だ。オーストラリアで各事業を構築し、日本はじめ各国への横展開を目指す。

 同社は、初の海外拠点にオーストラリアを選んだ理由として、先進技術を活用した新サービスに挑戦しやすい環境であることを挙げている。
 たとえば、ドローンの規制緩和やイノベーション推進策が進んでいることや大きな国土によりサービスの活用対象が広いこと、人件費が高くドローンをはじめとするロボットによる効率化のニーズが高いこと、ドローンサービスに関する競合がまだあまりいないことが、拠点設立に至った理由としている。

クイーンズランド州副首相兼貿易投資大臣 Jackie Trad氏、テラドローン株式会社代表 徳重徹氏