ドローンジャーナル

テラドローン、愛知県に中部支社設立

CIM/i-Construction のモデルケース発信へ

テラドローンは、平成29年1月、愛知県に支社を設立した。この支社設立を通して、中部地方におけるドローン測量を中心としたCIM/i-Constructionへの対応強化をしていく予定だ。
土木現場における自動化のニーズは、労働者や技術者不足に起因して高まっている。この状況を背景として国交省もi-Constructionを推進している。

同社は今回愛知県に拠点を新設することで、市場の高精度測量ニーズに応えるとともに、情報化施工の中心でドローンという分野から、業界へ新しい技術を発信していきたいと考えている。

テラドローンは、i-Construction関連におけるドローン測量については既に業界随一の実績がある。またドローンによる測量のみならず設計データ作成からMC/MGデータ作成を含め、CIM/i-Constructionで求められる一連のニーズに対して幅広いサポートが可能となっている。