ドローンジャーナル

JDRA、各国ドローンレース団体と共に国際ドローン委員会(IDC)を創設

 2016年12月4日(金)、一般社団法人日本ドローンレース協会(以下JDRA)は2018年に韓国平昌冬季五輪を開催する 江原道政府(Pyeongchang)と、韓国の新聞社である中央日報と、韓国ドローンレースを牽引する代表団体韓国ドローンレース協会(以下KDRA)が、2018年冬季五輪の主要会場であるアルペンシアリゾートで開催した「INTERNATIONAL DRONE SPORTS COMPETITION 2016」に日本代表団体として出席。世界の主要ドローンレース協会と国際ドローン委員会(以下IDC:International Drone Commission)を設立したと発表している

Photo by KDRA Wan Ki Lee

IDCには韓国(KDRA、中央日報)、アジアドローンレース連盟(ADRO)、日本(JDRA)、中国(D1)、欧州ドローンレース協会(ERSA)、アメリカ(MULTIGP、IDRA、DR1、TBS)、スイス(Immersion RC)、オーストリア(DCL)、メキシコ(FPV Mexico)、イスラエル(FRIL、AMIMON)、タイ(DAT)が参加する。オブザーバーとして国際航空連盟であるFAI(The World AirSports Federation)が同席しスカイスポーツとしてドローンレースを加えることについて協議を進めることで合意した。

「INTERNATIONAL DRONE SPORTS COMPETITION 2016」で開催された国際ドローンスポーツサミットでは、江原道政府、中央日報、世界の主要ドローンレース協会(アジア、ヨーロッパ、アジア)でドローンレースのスポーツ化について協議し、冬季五輪でのエキシビションドローンレースの実現に向け、連携をしていくことを締結している。
今後、JDRAは国際ドローン委員会(International Drone Commission)のボードメンバーとなり、国際ルールの整備を進め、スポーツ産業として成長させていくために各国団体と、今後も定期的に協議を進めていくこととなった。
 なお、JDRAは、2020年東京五輪でのドローンエキシビションを見据え、今後も世界のパートナーと連携して、世界のドローンスポーツ産業を牽引していきたいとしている。