ドローンジャーナル

テラドローン、ドローンの管制事業(UTM)に参入。Unifly社へ約5億円の出資

2016年11月21日、テラドローンはドローンの運行管理システムであるUTM(UAV Traffic Management)事業の開始を発表した。UTM事業において世界的なリーディングカンパニーであるUnifly NV(本社:ベルギー、アントワープ)に約5億円を出資し、戦略的パートナーシップを締結。テラドローンの徳重徹社長がUniflyの役員に就任した。

UTMとは、リアルタイムに無人航空機の位置情報を把握し、複数のドローンの効率的で安全なフライトを支援するシステム。今後、ドローンは国や地方自治体、医療機関や物流事業者、農家など多種多様な企業や個人が活用していくことが考えられており、ドローンを活用したビジネスが拡大するうえで重要なカギを握る。

UTMに関しては、NASAやFAA(アメリカ連邦航空局)などが検討しており、日本においてもJAXAやドコモなどが産官学一体となって取り組んでいる。

テラドローンの徳重徹社長